ビジネスローンの審査を通すポイントと銀行融資にはないメリット

ビジネスローンのメリットは

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは、非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

そこでビジネスローンのメリットをいくつかまとめてみました。

ビジネスローンの主なメリットは、

  • 銀行融資に比べて審査通過率が高い
  • 無担保
  • 保証人なし
  • ATMでいつでもどこでも借入可
  • 数日で借りれる

といったものがあります。

一方で銀行融資は、
しっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはなかなかありません。

そしてそのあなたの目的を銀行の担当者が審査に回して、審査に通れば融資が実行されることになります。

誰も教えてくれないお金の話など、お金の勉強をしておいても損はないかもしれませんね。



目的に合った融資

事業目的にお金を借りるために

銀行融資とビジネスローン、お金を事業目的で借りるという意味では同じなのですが、それぞれにメリットデメリットがあります。

本記事では銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスしてまとめています。

あなたが融資をうまく活用してより事業を反映させるための一歩を踏み出していただけたら嬉しいです。

ビジネスローンで失敗する例

カードローンの借り換えで失敗するパターン

  1. 金利が高くなってしまう場合
  2. 返済総額が多くなる場合
  3. 全額借り換えしてくれない場合
  4. そもそも借り換えできないカードローンの場合
  5. 返した分を再度借りることができない場合

の5つです。

1 金利が高くなってしまう場合

失敗事例1:
中長期的に資金を借りたので余計な金利を払うはめになるケース

部品のメーカーを営んでいるAさんですが、
資金が足りなくなったので友人も利用していたビジネスローンを利用してみることにしました。

Aさんの審査はすぐ終わり、3日程度で資金は調達できました。

ただ、Aさんの会社の場合は原料を仕入れてから売れる前に2ヶ月位かかるので資金ショートをしやすい状態でした。

そのため金利の高いビジネスローンでは無駄な金利を払いがちになってしまいました。

Aさんはもう5期も経営していたので、普銀行融資に相談していれば、今利用しているビジネスローンの半分以下の金利で済んだかもしれません。

すぐに借りれるビジネスローンに行くのではなく、審査に時間はかかりますが低金利で大きく借りれる銀行融資にすればよかったなとAさんは後悔しています。

Aさんへのまとめ

ビジネスローン金利の相場は年8~15%程度と一般的な銀行融資に比べて金利が高めのサービスになります。

銀行融資の金利の相場が年1~4%程度なので、その差は倍以上になります。

長くお金を借り続けるならビジネスローンよりも銀行融資の方が無駄な金利を払わなくて済むのでお得になります

2 必要な金額を借りれない場合

いくら借りたいのか

Bさんは営業代行業を営んでいます。

Bさんは税金を払った直後に、経理社員の横領にあってしまい、このままでは社員の給料と営業教材の買掛金が払えなくなり困っていました、そこでビジネスローンを利用することにしました。

Bさん的には、
1000万円借りれればば今回の危機はなんとか大丈夫だと思い、
ビジネスローンに申し込んだのですが、審査の結果、翌日に融資がおりたのは400万円のみ。

Bさんの会社は前期に2億円の売上があったので、1000万程度の融資は簡単におりるだろうと思ったのが間違いでした。

なんとか友人にあたって、残りの600万円を借りてきて危機は乗り越えましたがかなりヒヤヒヤした体験だったのでした。

Bさんへのまとめ

ビジネスローンでは最大1000万円まで借りれることを推していますが、最初から1000万円借りれるケースはほとんどありません

一般的に数百万円程度の限度額でまずはスタートして、
利用を続けていくうちに限度額が上がっていくという風に思っていた方が良いと思います

そのため、最初から最大限度額まで借りることは期待しないでおいた方が良いでしょう

3 借りるのは無理だと思い込んでいた場合

機会損失をしないように注意

Cさんは個人事業主として、事業を起こしてから幸運なことに仕事に困ることはありませんでした。

そろそろしっかりとした事務所を借りようと思っていたのですが、Cさんの仕事柄、顧問契約ということが多く、最初に多額の資金がかかる初期の費用が必要な事務所を借りるということにははなかなか手が出せずにもんもんとしていたのです。

Cさん自体、
ビジネスローンの存在は知っていましたが、「1期目の決算も終わっていないし審査は通らないだろう」と勝手に思いこんでいて最初から申込をしないでいたのです。

そんな時にCさんよりも後に独立して、
事業の売上もCさんより低い友人がビジネスローンの審査にとおって150万円の融資が下りたと聞いて驚きました。

そこでCさんも早速ビジネスローンに申し込んだのですが、
結果的にはすぐに審査が通り、二日後には融資が受けれました。

もっと早くビジネスローンに申し込んでいたら、半年早く事務所を借りれてさらにビジネスがうまくいっていたのにと思うと大きな機会損失をしてしまったと後悔してしまいました。


Cさんへのまとめ

Cさんのようにビジネスローンは決算が終わってからじゃないと申し込めないと思っている方がいるのですが、決算書不要のビジネスローンもたくさんあります

審査が通るかどうかはビジネスローン業者次第ですので、資金が必要なら無理とは思わずにまずは申込をしてみるといいでしょう。