なかなか貯まらないお金

どうしてお金はなかなか貯まらない??

お金があるとういうことは人生において非常に大事な要素の一つであり、いつでも使うことのできるある程度の貯金は、心の余裕につながります。

予想だにできないトラブルを乗り越える時や必要なイベント事を楽しく過ごすために必要なものです。

「給料が低いからお金が貯まらない」
「知らぬ間に財布からお金がない」
「転職して年収を高くすればお金が貯まるに決まっている」

お金が貯まらないことを、
このように思っている方は考え方を改めたほうが良いかもしれません。

お金をしっかりと、そして着実に貯めていくには、
自分が意志に頼らないで、いつの間にかお金が貯まっているという状態を作ることがなによりも大切であり、給料の多さはほとんど関係がありません。

時間があるときに金融リテラシーを高めるためにも、
誰も教えてくれないお金の話など、お金の勉強をしておいても損はないかもしれませんね。


お金が貯まる仕組みをしっかりと構築する

お金が貯まる仕組みとは

いつの間にかお金が貯まっているという状態を作っていない方は、
たとえ年収が3000万円あったとしても全く貯金がないという状態になりえます。

参考記事:高収入貧乏の谷

逆に年収が300万円なのにも関わらず、いつの間にかお金が貯まっている状態を作ることで20代で1000万円を超える貯金がある方もたくさんいます。

不思議ですよね。

それでは、どのようにすればお金が貯まりやすい状況を作れるか、
いくつか紹介していきたいと思います。

1 給料をもらったら真っ先に貯金をする

これが貯金の基本中の基本です

給料−使ったお金=貯金に回すお金

ではなく、

給料−貯金に回すお金=使えるお金

このマインドにしていくことからあなたの貯金への道はスタートしていきます。

逆に現在、

給料−使ったお金=貯金に回すお金

で現在貯金ができている人は、

給料−貯金に回すお金=使えるお金

のマインドを取り入れていくことでより多くの貯金が出来る環境に自分をおくことができます。

最初に貯金が出来る仕組みを作っていくことが重要なのです。

人間というものは基本的に弱いものだと理解し、自分の意志とは関係なくいつの間にかお金が貯まっている状態を作ることが大切です

給料が入ったら最初に貯金をする仕組みを作る一番良い方法は、

自動積立定期預金預金をすることです。

自動積立定期預金は給料が振り込まれたら、貯蓄用の定期預金口座に自動で入金してくれます。給料天引きのように自動的にお金を貯める仕組みを作ることができるわけです。

自動積立定期預金は普通預金ではなく、定期預金に貯金をしてくれるのでコンビニなどで気軽にお金を下ろすことはできません(ただし銀行の窓口に行けばお金を下ろすことはできるので、万が一の時でも安心です)。若干不便だと思われるかもしれませんが、その不便さがしっかりとお金を貯めてくれる要因となります。

自動積立定期預金をするには

下記を用意して銀行窓口へ

  • 自動積立定期預金利用申込書(銀行でもらえます)
  • 預金通帳
  • 身分証明書(運転免許証や保険証など)
  • 銀行の届け印

もし給料受け取り口座がインターネット銀行の場合

楽天銀行で積み立てができます。

もし会社に財形貯蓄の精度がある場合

今お勤めされている会社に財形貯蓄の精度がある場合は、会社の財形貯蓄を利用していくのも1つの手かもしれません。

  • 金利が若干高い
  • 税金が若干安い
  • 低金利で融資を受けることもできる

というメリットが財形貯蓄にはあります。

会社の財形貯蓄も、いつのまにかお金が溜まっている状態を作る仕組みと言えます。

2 毎月払う固定費を削減する

たった一度見直すだけで効果が持続します

毎月のようにかならずかかってくるお金も一旦見直して見ましょう。

固定費は一度削減すると、節約の効果がずっと続くことになるので年間で20万円以上の節約をすることも可能です。

年間で20万円以上が自動的に貯まるのと同じ効果になります。

これがどれぐらい頼もしいことかというと、
120円のコーヒーを毎日我慢しても年間で約4万円しか節約できないので、
一度行えば意志の力に頼らず自動的に節約できる固定費の削減は非常に効果的だとわかると思います。

家賃を下げる

『家賃を下げる』なんていうと、
安いところに引っ越すってこと?と思われるかもしれませんが、
初期費用や引っ越し費用のことを考えると安いところに引っ越したとしても余計にお金がかかってしまいそうです。

家賃を節約する方法は、

単純に今住んでいる家の家賃を下げるということです。

大家さんとしては、お客さんに住み続けてもらうことが何より大事なので、ポイントを抑えて家賃交渉をすれば家賃が5000円程度下がることがあります。

そのポイントとは

家賃交渉の最高のタイミングである4月~5月に行う

知る人そ知る内容でうsが、
1月~3月の繁忙期を過ぎた時は大家さんも弱気になりがちです。

もしかしたら1年間誰も入らなかったらどうしようという考えを大家さんも持っています。

家賃を下げてくれたら入居し続けるということを前提に行う
「様々な事情があって経済的に厳しいのです。家賃を5000円下げてもらえたら住み続けたいのですが、値下げが厳しいならもっと家賃の安いところに引っ越す予定なんです。」というような低姿勢でお願いすることが大事です。

大家さんも人間なので、謙虚な頼みごとには弱いのが実情です。

3 節約は割引率ではなく金額ベースで考える

金額にこだわる

無駄なお金を使わないことはお金を貯めるのに重要だということは周知のとおりだと思いますが、
実は50%オフのような大幅な割引率よりも、割引金額の方が重要だということは以外に理解されていないことが多いです。

  1. 100万円のものを10%オフにしてもらって90万円で買う→10万円の得
  2. 1万円のものを50%オフにしてもらって5000円で買う→5000円の得

割引で見ると50%の方が数字が大きいですが、
金額でいうと10万のほうが貯金できています。

にもかかわらず、人間とは不思議なもので、
20円安いからという理由でとなりのスーパーまでいって買物をする人に限って、車を買うときなどには10万円以上もするようないらないオプションを気軽につけたりするのです。1日20円の節約を13年間、毎日毎日続けるとやっと10万円の節約になります。

いつもは贅沢なんて全くしない人でも、
なぜか値段の高い買い物の時(主に家や結婚式や旅行など)は「せっかくだから」という理由で高い物を積極的に選んでしまうので人間の心理は不思議です。